目を良くする方法〜コツと秘訣

目を良くするために効果的な視力訓練の方法や、目の疲れを解消する秘訣・ポイントを解説しています。

サイトトップ > 小学校の視力検査とは?〜A,B,C,Dの4段階判定

小学校の視力検査とは?〜A,B,C,Dの4段階判定

小学校の視力検査は、小学1年生の入学式と、そのあと学年が上がるたびに年に1回、春の健康診断で実施されています。

略して学校検眼といい、目の通信簿として「検眼通知書」があります。昔は視力が0.1刻みで、判定されていたものですが、いつからか小学校の視力検査は、A〜Bの4つのランクで評価されるようになったようですね。

この背景には、子供は目を凝らしてよく見ようとすると、視力0.1や0.2程度はすぐに視力アップするからだそうですね。小学校の視力検査では、だいたいの視力が分かればいいわけです。

ちなみにA判定は視力1.0以上、B判定は視力0.7〜0.9、C判定は視力0.3〜0.6、D判定は視力0.2以下となっています。視力0.7以上あれば、学校の教室のどこからでも、一応は黒板の文字は読めるといわれています。ところが視力0.7を切るCランクになると、教室の一番後ろの席からでは、黒板の文字がぼやけたりします。

Bランクは、いわゆる仮性近視のレベルですね。たんに毛様体筋が緊張しこり固まっていることが近視の視力低下の原因ですから、眼科で散瞳薬をもらって点眼すれば、視力回復の可能性があります。

そのほか眼科に通院して、ワックという機械を覗いて視力訓練したり、眼科の通電療法を受けると目を良くすることができます。もちろん子供によって、効果に差はあります。

小学校の視力検査は、年に1回、春にありますが、少なすぎるような気がします。小学生の子どもの視力は急激に低下していきます。子供の目と脳は柔軟であり、発達途上にあるのです。

これは何を意味するかというと、環境の影響を大人よりも受けやすい、ということです。近年のパソコンや携帯用ゲーム機の普及により、子供は近くを見るという環境の影響を多大にこうむっています。

子供の視力低下の速さは、大人の3倍以上で進行していくといわれています。春の小学校の視力検査で視力0.9であっても、半年後には、視力0.3とか視力0.2に低下する可能性は大いにあるのです。

子供の視力低下は、まず仮性近視から始まります。
仮性近視は、たんなる毛様体筋のこりなので、眼科のミドリンMやサンドールなどの点眼療法によって目を良くしたり、民間療法の視力回復トレーニングによって、目が良くなる可能性が十分あります。

しかし仮性近視を過ぎると、眼球が構造的に変形してきます。そうなると、なかなか視力が改善せず、ほんものの真性近視へと突入し、やがては眼球がのびて視力0.1以下の強度の近視になっていきます。

そうなるとメガネ代やコンタクトレンズ代などの経済的負担もでてきます。将来的には後遺症や合併症があるとされるレーシック治療などのレーザー角膜屈折矯正手術を受けることになりかねません。

小学校の教員ならば、子供の目を守る義務があるとは思いませんか?なんとしても仮性近視の段階で早期発見し、早期対処すれば、子供たちは、一生涯快適な視界をたもっていけるのです。

その対策としては、小学校の視力検査の回数を、もっと増やすこと。新学期が始まるたびに、小学校で視力検査を実施すべきです。これが子供の視力低下、近視化を早期発見する唯一の方法だからです。

親御さんに注意してもらいたいのは、子供の視力がBランクだったりCランクであっても、近視だとは限らないということです。遠視や弱視の可能性もあります。遠視でも視力が低くなります。

遠視が強い子どもは、弱視を引きおこす危険があります。すでに弱視になっているかもしれません。屈折性弱視は10歳までに遠視用メガネを装用すれば、完治させることができます。

ただし片目だけが遠視の不同視弱視は、深刻なので要注意です。小学校の視力検査で、悪い評価をもらったら、それが近視なのか乱視や遠視なのか、弱視なのかということです。眼病の可能性もなきにしもあらずですから、目医者に行って、精密検査を受けることをおすすめします。

目を良くする前に〜基礎知識編一覧