目を良くする方法〜コツと秘訣

目を良くするために効果的な視力訓練の方法や、目の疲れを解消する秘訣・ポイントを解説しています。

サイトトップ > 目を良くする前に〜基礎知識編

目を良くする前に〜基礎知識編

目を良くする方法を知る前に、知っておいたほうがよい視力回復のための豆知識です。

人間の視覚は生きてうえで、非常に重要な位置を占めています。人間の正常な視力は1.0とか1.5ですが、遠くのものが細かい部分までよく見えます。このことは事前に危険を察知できることにつながり、そのため人間は生存競争に生き残ってきたといえます。もちろん人間の頭脳、知恵、直立二足歩行による目線の高さもありますが・・・。

ほかの動物は、近眼だったり、白黒だったり、両眼視機能が発達していなかったりと、人間ほどの視覚はありません。もちろん鷹などの例外はあります。

このように原始の時代は、人間にとって目は生きていく上で必要不可欠のものだったので、近眼の人類などいなかったでしょう。それは即、死を意味するからです。

今のように文明が発達し、目を酷使するような時代の潮流が、その度を増すにつれて、それに比例するようにして近視の人口が増えています。

近年の日本でいえば、パソコンや家庭用ゲーム機の普及に比例するようにして、小学生の子供の近視や、成長期をすぎた大人の近視が進行しているのです。

とくに幼稚園児や小学校の子供の目は、まだ完成途上にあり柔軟性があるので、環境の影響を受けやすくなっています。子供の視力低下は急激に進行するという特徴があり、そのスピードは大人の3倍以上であるといわれています。

目を良くする方法を真に確立するには、眼科の領域で、近視の発生機序を解明することが待たれますが、民間療法もけっこうためになります。3Dのマジカルアイとか、ピンホールメガネなどの視力回復グッズとかですね。

超音波治療器ソニマックは、東京視力回復センターでも採用されている、厚生労働省認可の医療器具です。ただ、こういった視力回復機の数々は、仮性近視や老眼の予防や抑制、眼病の予防には効果的かもしれませんが、視力0.01というような強度の近視には、あまり効果がのぞめないことを知っておく必要があります。

近視の原因って何?〜環境要因が最も大きい

近視の原因とは何でしょうか?近視の原因説としては、遺伝説、環境説、成長説があります。遺伝説とは、その名の通り、両親から近視を引き継ぐということです。親の顔形や体

近視の原因って何?〜環境要因が最も大きい

小学校の視力検査とは?〜A,B,C,Dの4段階判定

小学校の視力検査は、小学1年生の入学式と、そのあと学年が上がるたびに年に1回、春の健康診断で実施されています。略して学校検眼といい、目の通信簿として「検眼通知書

小学校の視力検査とは?〜A,B,C,Dの4段階判定