目を良くする方法〜コツと秘訣

目を良くするために効果的な視力訓練の方法や、目の疲れを解消する秘訣・ポイントを解説しています。

サイトトップ > 視力回復めがねって何?〜ピンホールメガネ

視力回復めがねって何?〜ピンホールメガネ

視力回復めがねとは、どのようなものでしょうか?

これはピンホールメガネともいい、100均の店で販売されていますね。そのほか、もっと上等な視力回復めがねは、インターネット上の通販で販売もされています。こちらのほうが色もブルーやグリーン、ブラックなどから選べるし、素材もいいので、値段も高いようですね。

視力回復メガネは、ピンホールアイマスクとか、視力アップアイグラスと言ったりもします。これは視力回復グッズによって、商品名が異なるからです。ちなみに視力アップアイグラスは、ニンテンドーDSの「目で右脳を鍛えるDS速読術」を監修している川村明宏博士がたしか考案したものだったはずです。主婦の友社の雑誌に載っていましたから。

昔は、雑誌の広告でよく、黒塗りの眼鏡に穴がたくさんあいた「視力回復めがね」を良く見かけたものですが、最近はあまり見なくなったような気がします。

その当時は、かなり誇大広告で「どんな強度の近視でも視力回復できる!」と謳っていたように思います。私もほしかったのを覚えています。

でも視力回復めがねには、それほど近視の視力回復効果はありません。ましてや遠視や乱視、老眼には、ほとんど効果はないでしょう。

視力回復めがねを装用すると、毛様体筋を使わずに休めることができますから、仮性近視の目を良くする方法としては、いいかもしれません。とくにこどもの近眼には力を発揮するように感じます。

幼稚園児や小学生の子供は、まだ目の筋肉が柔軟で、環境を変えてやるだけで、どのようにも視力改善されていくからです。こどもは色のついたセロファンでも、興味をもって面白がって遊びますよね。

それと同様に、小さな穴から覗く視界に興味を持つはずで、自分から視力回復めがねを掛けるので、持続しやすいといえますね。この点、似ているようでも、ただ覗くだけの視力回復機は、小さな子供には向かないような気がします。スーパービジョンとかアイトレーナーなどですね。とても退屈だからです。これは眼科のワックでもいえます。

視力回復めがねを装着すると、近視矯正メガネを掛けなくても、遠くがよく見えるのは、ピンホール現象によります。これは目を細めると、学校の黒板の文字がハッキリと見えるのと同様の原理です。

ただ目を細めると、眼球の自然な微動が固定されて、視力が急激に低下する危険を伴いますが、視力回復めがねを装着すると、眼球は自由でリラックスできますから、似て非なる視力回復グッズといえます。

視力回復めがねを活用しても、視力0.01ランクの強度近視は視力回復できるものではありませんが、ものは考えようです。ほかの自宅で無料でもできる近視の視力回復トレーニングと、うまく組み合わせればよいのです。

つまり、目を良くする方法のメインは、あくまで目の筋肉を鍛錬する眼筋トレーニングですが、スパイスとして視力回復メガネも取り入れてみるのです。そうすると相乗効果となって、あなたの視力アップの速度は加速されていくことでしょう。

インターネットには、視力回復のコツが書かれたマニュアルが販売されています。こういった通信教育を受けるのも一つの方法です。

視力回復の方法はいっぱい!〜トレーニングやレーザー治療など一覧