目を良くする方法〜コツと秘訣

目を良くするために効果的な視力訓練の方法や、目の疲れを解消する秘訣・ポイントを解説しています。

サイトトップ > 目のリラックス法とは?〜眼を閉じる、遠くを見る、温める

目のリラックス法とは?〜眼を閉じる、遠くを見る、温める

目のリラックス法には、どのようなものがあるのでしょうか?

やはり目のリラックス方法の基本は、ただ静かに目を閉じることです。目を開けているかぎりは、外部から光が目の中に入ってきますから、目を閉じると少しは光の量をおさえられます。

なによりも目をちょっと閉じれば、脳が休まります。
目を開けているかぎりは、外界から視覚情報が入ってきます。それをシャットアウトできるわけです。しかし長時間そのままでいると、居眠りしてしまうのでご注意を。

目のリラックス法に有効な目を閉じるということですが、これだけではつまらないので、まばたきを加えてみます。

まず目が疲れたなと思ったら、軽く2〜3秒、目を閉じてみます。そしてそのあと目をパチパチしましょう。軽くです。そうすると単に目を閉じたときよりも、目の表面の乾きが癒され、視力がアップしたような気がしませんか?

これはつかの間に、網膜と毛様体筋が休まり、また角膜の表面にきれいな涙の層が張られたからだと思います。この簡単な目のリラックス法を、パソコン作業中でも、疲れ目を感じたら行なう習慣をつけましょう。眼精疲労の対策になります。

そのほか、体の筋肉でもそうですが、力を入れて力んだあと、フッと力をぬいて脱力すると、そのあとかえってリラックして弛緩できるということがあります。目のリラックスでも、これを利用します。

つまり目をギュッとつぶってまばたきを連続で5回行ないます。顔全体を使うことがポイントです。そして最後の5回目は、ギュゥッと2〜3秒くらい維持しましょう。そして顔と目の周辺をゆるめるのです。こうすると目をリラックスできます。

目をギュッと絞っているときは、血液がせき止められますが、目を弛緩させたときに、血液が一気に目の中に入ってきます。目の血行がよくなるので、目の機能は一気に回復することになります。目の血行をよくすることは仮性近視の改善や眼病予防に効果的ですので、ぜひ日常の習慣にすることをおすすめします。

そのほかの目のリラックス法としては、おなじみの遠くの景色を見るという方法があります。ただ注意する点としては、遠くの鉄塔とか小さな目標物をよく見ようとして、目をこらして凝視したら逆効果だということです。これでは目の疲れが倍増してしまいますよね?

もちろん遠方凝視法といって、東京視力回復センターでも、視力検査表のランドルト環を凝視することによって、目を良くする訓練を行ないますが、これは視力回復トレーニングです。目をリラックスさせる方法ではありません。

目をリラックスさせるための遠くの見方とは、特定の一点を凝視するのではなく、視野を広くもち、ゆっくりと横方向に目を動かしていく見方です。これが正しい目の使い方です。遠くの山並みを楽しむような見方ですね。

水平線を広く眺めるように、また地平線を眺めるようなイメージで、目をリラックスさせましょう。

そのほか目のリラックス法としては、眼のうえに蒸しタオルをあてたり、手のひらで目をおおうパーミングがあります。目を温めて、目をリラックスさせる方法です。風呂など入浴時でもいいでしょう。

手の平でおおうときは、手で眼球を圧迫すると危険なので、少しすき間をあけます。でも光が漏れてこないように、完全な暗やみを作り出すことがぽんとです。わずかな空間にこもった熱によって、眼球が時間とともに温まってくるようなイメージです。

視力回復の方法はいっぱい!〜トレーニングやレーザー治療など一覧