目を良くする方法〜コツと秘訣

目を良くするために効果的な視力訓練の方法や、目の疲れを解消する秘訣・ポイントを解説しています。

サイトトップ > 近視を治す方法とは?〜レーシック手術やトレーニング

近視を治す方法とは?〜レーシック手術やトレーニング

近視を治す方法として一般的に認知されているものは、大きくわけて二つあります。レーシック手術などのレーザー角膜屈折矯正手術と、視力回復トレーニングです。

もちろんレーシックなどの視力回復手術のほうが、即効性があります。手術後すぐに視力がアップして日帰りできるので、まさに近視を治す方法という名にピッタリです。

近視を治す方法として、根強い人気を持つものが、近視回復トレーニングです。本屋に行けば、3Dの立体視ができるマジカルアイなどの視力回復の本が並んでいることからも、その需要がわかるでしょう。売れているから、書店に並んでいるのです。

レーシック手術は近視を治す方法として、もっとも即効性がありますが、なにぶん費用が高額です。またレーシックの後遺症や合併症などの危険性も指摘されています。たとえばドライアイやフラップ下の炎症、夜間視力の低下などです。

そのためレーザー手術で目が良くなることを望む人もいれば、費用を掛けずに、またリスクなく視力を改善させたいと言う人もいるわけですね。この二つが、近視を治す方法の二大潮流であるということは、今後も変わらず続きそうです。

レーシック手術などのレーザー角膜屈折矯正手術は、近視を治す方法として広く認知されていますが、じつは視力の矯正です。メガネやコンタクトレンズを装用することと同様の原理なのです。角膜がメガネレンズの代役をしているにすぎません。これは睡眠中に角膜の形状を調整するオルソケラトロジーやオサートでもいえます。

つまりレーシック手術は、厳密にいうと近視を治していないわけです。解剖学的に目の形を見れば、ラグビーボールのように楕円状に長く伸びた眼球なのです。いくらレーシック手術とはいえ、長く伸びた軸性近視を治療することはできません。角膜の表面に手を加えることしかできないのです。眼球自体は置き去りにされているのです。そのため、眼病の予防を意識して、毎日目を手入れしていかなければなりません。

いっぽう近視回復トレーニングや訓練は、真に近視を治す方法といえます。眼鏡や使い捨てコンタクトレンズは、いわば視力にとって松葉杖です。視力回復訓練によって、そういった松葉杖を外し、徐々に自分の目の筋肉だけで遠近のピント調節を行なっていこう!ということが趣旨です。

しかし現実には、3Dのマジカルアイで交差法や平行法を訓練しようが、ピンホールメガネを家でずっと装用していようが、スーパービジョンやエコーアイトレマシン、メガトレなどの視力回復機器でトレーニングしようが、なかなか目を良くすることはできないものです。

もちろん小学生の子供の仮性近視程度なら、視力アップがのぞめると思います。しかし視力0.01という強度の近視は、眼軸が伸びているので、なかなか近視を治すことは困難です。

もし視力0.02レベルの極度の近視を治す方法があるとすれば、雲霧法や望遠訓練、ワックなどの眼科の機械、通電療法などではなく、外眼筋をダイナミックに動かすエクササイズであると思います。

ニューヨークの眼科医であったベイツス博士によれば、外眼筋が遠近調節にかかわっているといいます(ベイツ理論)。外眼筋の力みをとり、強化することによって、眼球が正常な形に戻る可能性があります。まだ前人未到の領域かもしれませんが、私は挑戦し続けています。

川村明宏博士の視力回復法ジニアスeyeは、ベイツス理論にのっとっている近視を治す方法です。かなり目に効くエクササイズですよ。

視力回復の方法はいっぱい!〜トレーニングやレーザー治療など一覧