目を良くする方法〜コツと秘訣

目を良くするために効果的な視力訓練の方法や、目の疲れを解消する秘訣・ポイントを解説しています。

サイトトップ > マジカルアイで視力回復できるの?〜交差法と平行法で訓練

マジカルアイで視力回復できるの?〜交差法と平行法で訓練

マジカルアイで視力回復するという、目を良くする方法があります。これはステレオグラムを利用した視力回復の本・グッズです。

最近、本屋の健康コーナーにマジカルアイの本が並んでいますね。「どんどん目が良くなるマジカルアイ」といった書籍などです。それだけ視力低下に悩む子供や大人たちに人気があるのだと思います。

マジカルアイで近視回復訓練するには、平行法と交差法という目の使い方をします。平行法は目をまっすぐにして、遠くを見るような目つきになることです。交差法とは、近くを見るときのように、寄り目にすることです。

マジカルアイのイラストや写真を、平行法や交差法という特殊な見方で眺めていると、立体的に浮き出てきます。これを立体視といいます。たいてい絵のなかに、なにかイラストが隠されていて、ゲーム感覚で楽しめます。

マジカルアイで視力回復できるとされる目の症状は、近視だけではありません。遠視にも多少は効果があるといわれています。ただし乱視は、眼球の変形なので、あまり効果はないと思われます。

マジカルアイで視力回復できるのは、調節異常である老眼にもおよびます。老眼は近くが見づらい目です。それは水晶体が硬化するために、厚くできなくなることが視力低下の原因です。そのため寄り目である交差法を視力回復訓練するといいでしょう。遠視でも同様です。ただし軸性遠視の場合は、マジカルアイで視力回復はできないでしょう。

近視の人は、近くばかり見て寄り目が多いために、目を開く平行法をマジカルアイで視力回復トレーニングするとよいでしょう。たまに近視なのに交差法を視力訓練している人を見かけますが、あまり意味がないと思います。

マジカルアイで視力回復できるのは、小学校の子供の仮性近視程度だと思ったほうがいいでしょう。この年代は、まだ目の筋肉が柔軟で適応性があるために、マジカルアイで視力回復が期待できるのです。

あるいは社会人の大人であっても、近視歴が浅い仮性近視の人や屈折性近視の人は、マジカルアイで視力回復する可能性が十分あります。

マジカルアイの視力回復の本は、眼球が長く伸びた軸性近視には、ほとんど効果はありません。視力0.01レベルの強度の近視の場合は、マジカルアイだけでは視力改善に効果はありませんが、ほかの眼筋トレーニングと組み合わせれば、相乗効果となって意味のある目の訓練になることでしょう。

視力回復の方法はいっぱい!〜トレーニングやレーザー治療など一覧