目を良くする方法〜コツと秘訣

目を良くするために効果的な視力訓練の方法や、目の疲れを解消する秘訣・ポイントを解説しています。

サイトトップ > 強度近視はレーシック手術を受けれる?

強度近視はレーシック手術を受けれる?

強度近視はレーシック手術を受けることができるのでしょうか?

レーシック治療とは言うまでもなく、エキシマレーザーを角膜の表面に照射して角膜を削る眼科治療法です。そのため近眼の度が強いほど、より凹レンズ化する必要があるため、角膜をより深く削る必要があります。

ところが角膜は厚さ約1ミリの薄い層です。
しかもレーシック手術で削る部分は、3層構造のうちの1層である角膜実質層です。もちろん角膜全体の9割の厚みを持っていますが、あまり削りすぎても、今度は術後に乱視を発症してしまいます。眼圧で角膜が変形してしまうのです。

このように視力0.01というような強度近視は、レーシック手術で完全矯正することはできません。角膜がゆがむ後遺症・合併症の危険性があるからです。

これは最新のイントラレーシック手術やアイレーシック、Zレーシックでも同様です。レーシックはフラップを厚く作るために、残された、削るための角膜実質層が少ないのです。フラップにも角膜実質層があるためです。

その点エピレーシック手術は、角膜上皮層だけをエピケラトームというカンナ状の器械で削るので、角膜実質層を100パーセント、まるまる活用できることになります。そのため強度の近視はエピレーシック手術で完全矯正することが可能です。

そのほかPRK手術やラセック(ラゼック、ラーセックとも)でも、強度の近視は視力回復できます。PRK手術は、フラップを作成せずに、角膜から直接レーザーを照射する方法。ラゼック手術は、アルコールにひたして、角膜上皮層だけのフラップを作成する視力回復手術。そのためラセックとエピレーシック手術は、とてもよく似ているといえます。

以上のように、強度近視はレーシックをうけれるかというと、完全矯正はできませんが、少し近視を残すつもりなら、手術を受けることができます。たとえば老眼を前にした40歳手前の極度の近視の人がレーシック治療を受けようという場合、老眼になったときのことを考えて、あえて少し近視を残しておくのです。

こうすれば近視が軽くなると同時に、老眼の年代になったときに老眼鏡をかけずとも裸眼で手もとを見ることが可能になります。このように角膜実質層の削る量をおさえた手術法を、コンベンショナル・レーシック手術といいます。角膜が薄くてレーシック手術が不適応になった方も、コンベンショナルレーシック手術なら、受けることができる場合があります。

幼少時から近視が進行して強度の近視になる、病的近視(悪性近視)の場合は、レーシック手術とほかの視力手術を組み合わせることも可能です。たとえばレーシックと角膜内リング、レーシックとフェイキックIOLなどです。

このようにすれば、角膜を削る以外の手段も使えるので、強度近視でもレーシック手術を活用できるのです。

視力回復の方法はいっぱい!〜トレーニングやレーザー治療など一覧