目を良くする方法〜コツと秘訣

目を良くするために効果的な視力訓練の方法や、目の疲れを解消する秘訣・ポイントを解説しています。

サイトトップ > 自力で視力回復する方法とは?〜目のトレーニングや訓練

自力で視力回復する方法とは?〜目のトレーニングや訓練

自力で視力回復する方法を考えてみましょう。

自力でということは、東京視力回復センターや眼科の通電治療に通院することなく、自分の力だけで目を良くするということです。

視力回復センターに通えば、それなりに近視は視力アップするでしょう。こういった施設は、実績があり、ノウハウを蓄積しているからです。また眼科の通電療法は、仮性近視を治癒させたり、軽度の近眼には有効だといわれています。

しかし、通院するかぎりは費用が発生しますし、眼科の電気治療は1回1000円以上かかります。持続できればいいですが、何年も通うとなると難しいかもしれません。また通院をやめたとたん、視力が急激に低下したという話もよく聞きます。

いっぽう家で無料でできて、自力で視力回復するトレーニングは、自分のペースにあわせて、好きなときに実践可能なので、長続きしやすいといえます。たとえば朝起きたときとか、夜寝る前というように、目の訓練をする時間を決めれば、とくに生活に支障はないでしょう。習慣化すれば、困難を感じることなく、自力で視力回復トレーニングを持続していけるようになります。

本屋で3Dの立体視ができるマジカルアイの視力回復本を購入してもいいと思います。これは平行法と交差法によって、眼筋をきたえることができます。ピンホールアイマスクを通販で購入して、自宅にいるときはずっと装用していてもいいでしょう。これらは仮性近視の視力回復にとくに有効です。自力で視力回復するときに欠かせません。

視力回復機をネットで購入して近視トレーニングする方法もありますが、こういった器具は、宣伝しているほど効果が無いとも言われます。たとえば訓練の原理は、雲霧法や望遠訓練だったりしますが、これは眼科のワックを元にしているといわれています。ワックは、眼科の検査の準備のための機器です。

自力で視力回復するトレーニング方法の定番は、毛様体筋と外眼筋の訓練法です。遠くを近くを交互に見ると、毛様体筋の運動になります。これによって、緊張していた毛様体筋が弛緩し、目を良くする効果が期待できます。

外眼筋の眼筋トレーニングは、目を大きく動かすことで実践可能です。たとえばパソコンの四隅を視点移動していく方法があります。これはスポーツビジョンの動体視力訓練に似ています。視力0.01という強度近視が自力で視力回復するとすれば、毛様体筋よりもこの外眼筋のトレーニングになります。

このように自力で視力回復するとは、通院以外のすべての近視改善トレーニングをいいます。しかし、インターネット上では視力回復の専門家がマニュアルを作成して、公開しています。こういった情報を学んで、自宅でトレーングすれば、自力で視力回復する手助けになります。

視力回復の方法はいっぱい!〜トレーニングやレーザー治療など一覧