目を良くする方法〜コツと秘訣

目を良くするために効果的な視力訓練の方法や、目の疲れを解消する秘訣・ポイントを解説しています。

目を良くする方法とは?

「目を良くする方法〜コツと秘訣」では、おもに近視の視力回復トレーニングの方法や、急激な視力低下の予防法、ちょっとした豆知識を解説しています。

目を良くするという言葉には、いろいろな意味があります。近視だけではなく遠視、乱視、老眼、弱視、斜視などなど。眼病で低下した目を良くする方法を探している人もいるかもしれません。

目を良くするコツは、ひとつの方法だけを実践するのではなく、いくつかの方法を組み合わせることです。そのほうが相乗効果が期待できます。

たとえば目を良くする視力回復トレーニングと、視力回復サプリメントの摂取、目の血行をよくする運動といったように・・・。

また目を良くする視力訓練のなかでも、自宅で無料でできる眼筋トレーニングを根幹としながら、そのほかに3Dのマジカルアイや、ピンホールメガネ、アイマスクなどの視力回復グッズを購入してみるわけです。

そのほかスーパービジョン、ビジョンブライト、アイトレーナー、Dr.Rex、メガトレなどの視力回復機器や超音波治療器ソニマックを組み合わせるのもいいかもしれませんね。

それぞれの視力回復の機械やグッズは、誇大広告の傾向があり、それ単体では仮性近視程度しか目をよくする効果は期待できないというのが現状ですが、組み合わせることによって、近視回復の調味料となるのです。

目を良くする栄養素としては、ルイテン、アントシアニン、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンB群がとくにおすすめです。これらは近視などの屈折異常を治すわけではありませんが、組みわせるという発想に立つと、効果を発揮します。

またこういった視力サプリメントは、視力0.01というような強度の近視に起きがちな眼病を予防してくれます。網膜剥離や黄斑変性症、緑内障といった目の病気のリスクを確実に解決してくれます。

目の血行をよくする方法は、目を良くするためには不可欠です。これだけをしっかり実践するだけでも、仮性近視や屈折性の近視は視力改善するほどです。眼病予防効果も見逃せません。

目の血行をよくする方法には、目のツボ指圧がもっとも効果的で、それを補佐するスパイス的な役割が、強いまばたきです。目の上に蒸しタオルをのせてもいいでしょう。

目を良くする方法は、レーザー角膜屈折矯正手術であるレーシック治療を受けた人にも必要です。オルソケラトロジー治療を現在している人にも不可欠になります。なぜなら、これらの眼科治療法は視力の矯正であり、眼球は近眼のままであるからです。

「目を良くする方法〜コツと秘訣」が、皆様の快適な生活にお役に立てれば幸いです。

>> あなたの視力を改善し、目をよくする方法はこちら
子供用の視力回復教材はこちら

強度近視の視力回復法 目が良くなる方法はこちら 視力回復法と近視 視力改善の方法とは? 視力回復と近視

目をよくするためのポイント